・ソ 歯医者でマイクロスコープを使った精密治療

歯医者でマイクロスコープを使った精密治療

マイクロスコープは肉眼の3~24倍と、必要な部位を拡大できるいわゆる顕微鏡のようなもので、歯医者の治療に少しずつ導入されてきています。まだまだ認知度は低く導入率は少ないのですが、今後の治療に必要になってくるツールと言われています。


歯医者の治療にマイクロスコープがどう役に立つのか疑問に思う人も多いですが、高倍率によって特定の箇所の細かい部分まで良く見ることができるので、歯根管内の精密な検査が可能となっています。

医療業界ではすでに神経外科や眼科を始め、多くの診療科目で導入されているマイクロスコープですが、歯医者が使用することによって歯周病治療やインプラントで的確な手術が可能とされています。

歯科のマイクロスコープに関するマニアックな情報をお届けします。

また、細かい画像や映像を出すことで、肉眼で確認する以上に精細な状況が確認できるようになります。



日本では歯科医院において2%という少ない普及率ですが、アメリカでは根管治療専門医のプログラムにマイクロスコープの使用が義務づけられているほど重要なツールとして認知されていることから、今後の日本でも必要になってくると考えられます。

歯の一つひとつを肉眼で確認しても、細かい部位のひとつであるため、重要なところを見逃すということも考えられます。

歯医者とはいっても人間である以上は、小さな部分を見逃すことも十分に考えられるのです。

毎日新聞に関する情報が幅広く集まります。

マイクロスコープを使用すれば、歯の1本を高倍率で多角的に確認することができるため、治療部位を見逃すリスクを減らしてこれまでよりも精密な治療が可能となります。